第6回10月20日(土)中国における朝鮮独立運動に対する韓・朝・中の歴史記述を考える 李海燕 東京理科大学教員(予約制)

中国における朝鮮独立運動に対する韓・朝・中の歴史記述を考える 李海燕 東京理科大学教員(予約制)

三・一独立運動後に満州では現地の朝鮮人移民社会を基盤に、活発に独立運動基地が建設されていた。1920年代と1930年代には中国全土で展開されたさまざまな抗日独立闘争に対する韓国、中国、朝鮮民主主義人民共和国の歴史記述を分析し、新しい可能性を展望する。

10月20日(土)午後2時~4時30分 当館にて 会費1,000円

2カ月前から予約受け付けます。