第2回 5月19日(土)近代朝鮮民族運動の発生ー「義兵戦争」にみる国際社会・日本・同胞への「問い」 愼蒼宇 法政大学教員 (予約制)

第2回 5月19日(土) 14時~16時30分 (予約制)

「近代朝鮮民族運動の発生-「義兵戦争」にみる国際社会・日本・同胞への「問い」」

愼蒼宇(シン・チャンウ) 法政大学教員

「明治150年」は、朝鮮から見れば、日本の侵略・植民地支配や列強の圧力・干渉にさらされ続けた150年であった。その原初となったのが19世紀末~20世紀初頭であり、この時期に、朝鮮では三つの潮流の民族運動(義兵・愛国啓蒙運動・農民蜂起)が相互にもつれあいながら形成されていった。本講演では、これらのなかでとりわけ義兵に着目し、植民地主義・帝国主義・親日派への批判の源流をたどり、その歴史的意味を考えたい。

*ご予約は、メール、ファックス、電話にてお願いいたします。

info@arirang.or.jp  FAX 03-3232-0090  TEL 03-5272-5141

愼 蒼宇