第6回 10月14日(土)「日本民衆による朝鮮人虐殺を考える」 藤野裕子 東京女子大学教員

6回10月藤野裕子第6回 藤野裕子(東京女子大学教員)「日本民衆による朝鮮人虐殺を考える」

10月14日(土)14時~16時30分

1923年9月に起きた関東大震災時に、官民双方によって流されたデマをもとに、数千人の朝鮮人が虐殺されたことはよく知られています。さらに重要なことは、日本民衆による朝鮮人の殺害は災害直後だけにとどまらず、日常の労働現場においても起こっていたことです。加害の当事者の証言をふくむ裁判記録を検証し、虐殺の実態や日本民衆の意識、国家権力の関与などを、具体的な事例に即して考えていきます。

会費 1,000円

予約制は取っておりません。満席の場合お断りせざるを得ない場合もございますので少々早めにお越しくださいませ。