kozatitle

 

 

 

2020年度 文化センター・アリラン連続講座<オンライン開催>

現代韓日・朝日関係の「棘」

―日韓基本条約(1965)の歴史的・現在的考察

 

詳しくは連続講座をご確認ください

第7回の参加申し込み受付中です!こちら


 

◆第7回 2021年1月23日(土)午後2時~4時30分

米津篤八さん(朝鮮語翻訳家/一橋大学大学院社会学研究科博士課程)

「朝鮮戦争時の“思想戦”としての日本の報道」 

第7回

1950年、日本外務省は朝鮮戦争を「思想戦」と位置づけ、「あいまいな態度をとることは、実戦における敵前逃亡と同じ」であるとして、日本国民の「決意」を促した。当時、GHQの統制下にあった日本のメディアも、思想戦の“武器”として朝鮮戦争に深く関わることになった。戦時下の韓国に派遣された日本人従軍記者たちの記事を分析し、朝鮮戦争が日本人の朝鮮観にいかなる影響を与えたかを探る。

 


<2020年度連続講座パンフレット>

クリックすると拡大したものをご覧になれます

 hyousi中面(1)4

 

 


副理事長・宋富子(ソン・プジャ)からのメッセージ

文化センター・アリランは、在日韓国・朝鮮人と日本人が出会い、交流するユニークな図書館です。韓国・朝鮮に関する所蔵図書や新聞・資料をご覧になれる閲覧室を設けています。また、さまざまな研究会活動や、楽しみながら韓国・朝鮮の文化に触れられるイベントを随時企画・開催している文化空間で、どなたでもご利用になれます。 外国人居住者も多いにぎやかな多文化のまち新宿・大久保のオアシスを目指して日々運営しています。お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください!

今月の開館日

<<  <  2017年 2月  >  >>
1/291/301/312/12/22/32/4
2/52/62/72/82/92/102/11
2/122/132/142/152/162/172/18
2/192/202/212/222/232/242/25
2/262/272/283/13/23/33/4

休館日:月曜日・火曜日・第5日曜日・月末の木曜日は書籍・資料の整理日

講座・教室

機関誌「アリラン通信」

「アリラン通信」は、文化センター・アリラン開設以来、発行し続けられてきた機関誌です。 会員・友の会会員には無料でお送りしています。